スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -

川嶋あい 3rd Album「サンキュー!」#3

川嶋あい「サンキュー!」

#3「Happy Birthday!!」

川嶋あい・・・・・らしからぬ歌。

否、ある意味、川嶋あいらしい歌。

歳を重ね、経験を重ね、大人になっていく。
その過程で変化も感じ、責任の重みを知っていく。

いつか、誕生日が来るのが嫌になる?

いつか、誕生日が来ても関係なくなる?

でも昔は、
誕生日が嬉しかったはずだよね。

失う気持ち、
ただ失うだけじゃなく、大切にしたい。

川嶋あい | 20:29 | - | -

川嶋あい 3rd Album「サンキュー!」#2

川嶋あい「サンキュー!」

#2「Dear-Album Ver.-」

人は、色んな人に支えられて生きてる。
そのことに気づくことなく生きてる人もいれば、
一人の力で生きてるって思ってる人もいる。

この世に完璧な人間が居ないのなら、
理屈として“一人”だけで生きられるはずがない。
不完全なものが不完全なまま生きている…。

人は、人に支えられて生きている。
忘れてしまいそうなことだけど、忘れてはならないこと。

この歌は、
大切な人へ捧げる歌。

日頃の感謝、
恥ずかしくて言えなかったことも、
せめて今日くらいは素直になって「ありがとう」…と。

もし恥ずかしくて言えないのなら…

言わなくてもいい。
本人の前では素直になれなくてもいい。
ただ心で「ありがとう」と囁くだけでいい…。

「ありがとう」…と。

それだけでも変化は起こるのだから。

川嶋あい | 22:27 | - | -

川嶋あい 3rd Album「サンキュー!」#1

川嶋あい「サンキュー!」

#1「見えない翼」

見えない翼…

人って、自分の可能性を信じてない人、
仲間や友達、子供の可能性を信じてない人、多いですよね。

できるはずなのに、

「無理」「危ない」

・・そんな言葉で片づけて、
何もしようとしなくて、何も出来ないまま大人になって。

で、愚痴や文句、言い訳を繰り返してる。

誰だってできるはず。
他の人が出来ることなら何だって。
違うのは「挑戦する意志」が有るか、無いか…だけ。


この歌は“CD version”の方を収録。
ネット先行配信versionとは歌詞、アレンジが変わり、
よりPOPな感じの仕上げに。


『青い空がいつでも 青いままであるように
 あなたはあなたらしく ここに居ればいい』



人は人。自分は自分。たった一人の…。

川嶋あい | 22:23 | - | -

川嶋あい 3rd Album「サンキュー!」#0

一人で生きてゆける人。
一人では生きてゆけない人。

色んな人がいる。

強い人がいる。
そうじゃない人もいる。

色んな人がいて初めて世界は廻る。

自分以外の誰かのぬくもり、
感じられることに喜びを持てなかったらきっと…。

小さな勇気をひとつ、胸に。
小さな決意をひとつ、未来に。

感謝の気持ちを忘れないように…。

川嶋あい「サンキュー!」

川嶋あい new Album「サンキュー!」

曲目
1.見えない翼
2.Dear-Album Ver.-
3.Happy Birthday!!
4.drive!
5.大三角形
6.旅立ちの日に・・・
7.季節の旅人
8.雪塵-ホワイトダスト-
9.Love
10.優しい雨
11.smile and smile
12.「・・・ありがとう...」
13.サンキュー!



感謝の気持ちを忘れないように、
そして一人で生きる勇気をけっして失わないように、
聴く人の心に何かを訴える歌たち。

「サンキュー!」

to be...

川嶋あい | 19:42 | - | -

「見えない翼」song by 川嶋あい

「見えない翼」

1月の終わりに先行してネットで配信され、
その曲が満を持してCD化してリリースされました!

ただ、川嶋あいらしく、
全く同じ曲でのリリースじゃなくって、
多少のアレンジと、若干の歌詞の書き換えアリ。

オイラは、ネット配信の方が好きな曲調かな。


「青い空がいつでも 青いままであるように
 あなたはあなたらしく ここに居ればいい」

「誰が笑っても何を言っても
 ゆずれないことがあるよ
 背中を感じて 羽ばたくための見えない翼」

「本気で決めたらあきらめないで 逃げないで
 大きな木の根が土の中で 静かに呼吸している
 同じように今あなたにあるよ 見えない翼」

川嶋あい | 22:13 | comments(0) | -

誕生日記念「川嶋あい特集☆」#2

川嶋あい「Dear」

曲目:「Dear」/「旅立ちの日に...」

いわゆる…「両A面」と呼ばれるシングルで、
「Dear」は大切な人へ贈った歌、
「旅立ちの日に...」は「明日への扉」の原曲。


『あなたに出逢えて ほんとにうれしいよ
 あなたとこの道を今 ゆっくり歩いてる
 大切な人へ伝えたい』
(「Dear」)

確か、誕生日に贈った歌を、
ようやくシングル曲としてリリース。

彼女の不安が、
その人への想いが、
この曲の歌詞の中に随所に散らばってます。


『いつも不安で孤独でどうしようもない
 そんな私を強く守ってくれた』

『あの日突然に 泣き出してごめんね
 あなたがあったか過ぎて 心が締めつけられた』

『いつか私がこのまま大人になっても
 何かを失って挫けそうになっても
 そしてそして年をとってシワができても
 何が起こったとしても 歌えなくなっても
 どうか離れていかないで
 ずっといつまでも一緒にいたいよ』



ご両親が亡くなっても、
血縁関係のある人がこの世に居なくても、
本当に「大切」と想える人が居る。

辛い事が沢山あっても、
それを乗り越えられる勇気を持ってる彼女。

人って、
弱さを持ってる人ほど本当に強い。
その弱さと向き合える人、
ちっぽけな勇気を一つ持ってる人が強い人。

・・そう思います。


そして、

川嶋あい…の名前より、
ひと足早く「全国区」になったI WiSH。

でも、I WiSHが有名になっても、
最初の頃はけっして正体を明かさなかった彼女。

「I WiSH」

・・の名前を使って、
一気にメジャーになる道を選ばなかった。

I WiSHのボーカル「ai」ではなく、
ひとりのシンガー「川嶋あい」として勝負してた。

地道な路上ライブ活動を続け、
けっして“七光り”的な出世を望まない生き方、
すごく不器用だけど、そんな彼女が好きです。

この「旅立ちの日に...」は、
I WiSHのデビュー曲「明日への扉」の原曲。
メロディをそのままに、
歌詞のテーマを「出逢い」に書き直したものが、
I WiSHの「明日への扉」に。

一方、原曲の「旅立ちの日に...」は、
卒業をテーマにした歌で、
仲間とは別れてしまうけど想い出を胸に、
一人でも強く生きていく姿が描かれてます。


『桜舞う4月の教室で 波打つ胸をはずませながら
 出会った永遠の仲間達 あどけない手交わしたね』

『いつのまにか 時は流れ もう今日は卒業の日
 人はいつか旅立つもの だけど
 いつの日にか またどこかで 会える気がするからね
 輝く日々を忘れないで

 今始まる 希望の道 今日までありがとうね
 思い出の校舎と別れを告げ
 今新たな 扉開き はるかな年月経て
 つぼみから花咲かせよう』



『見えない翼』『Dear』『旅立ちの日に...』

この3曲はどれも、
少しでも今の自分に不安のある人、
悩みから抜け出せない人、
辛い環境に置かれてる人に聴いてほしい歌。

人って、
弱い生き物だけど本当は強い。
たった一つ、
考え方、感じ方を変えるだけで勇気を持てる、
そのヒントを与えてくれますよ。

20歳になったばかりの彼女から、
こっちがプレゼントをもらってしまったみたい…

お誕生日、おめでと☆

川嶋あい | 00:30 | comments(2) | trackbacks(0)

誕生日記念「川嶋あい特集☆」#1

川嶋あい「見えない翼」

曲目:「見えない翼」

『世界で一番
 がんばっている不器用なあなたが…好き』



この歌はZARDの「負けないで」的な歌で、
ストレートな表現の応援歌で勇気づけられます。


『青い空がいつでも青いままであるように
 あなたはあなたらしく此処に居ればいい
 そして素直な夢を心に持ち続けて
 がむしゃらに走ってゴールへ辿り着こう』



幾つもの困難を乗り越え、
独りで強く生き続ける彼女の勇気、
ちょっぴり分けてもらえる気がしてきます。


『誰が笑っても 何を言っても
 譲れないことがあるよ
 背中を感じて…羽撃くための見えない翼』



人の言葉で信念を曲げても後悔するだけ。
でも…人に反対意見を言われると躊躇したり…。

そんな弱気な自分、
どこかに吹き飛ばしていけそうです。
この曲を聴いてると。


『冷たい氷が溶けていったら暖かい春が来るよ
 どれだけ時間がかかってもいい 負けないで』



誰だって、何か出来る!
出来ないのは「挑戦してない」だけ。
失敗するのが怖いとか、
すぐに結果を求めてしまう精神的な弱さとか、
目の前の現実から逃げ出してるだけ。

今出来なくてもいつか出来る。
何度失敗しても諦めなければいつか叶う。

誰だってその背中に翼がある。
見えないその翼を信じて飛んでみればいい。
きっと何か出来るはず。


『世界で一番
 汗をかいてる一途なあなたが…好き
 本気で決めたら諦めないで 逃げないで

 大切にしよう
 あなただけの見えない翼』



トリノ五輪へ向けて、
日本の選手たちへのメッセージにもなります。


『世界で一番がんばっていて
 不器用なあなたが…好き
 自分を信じて 何度でもいい 心から…』

川嶋あい | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0)

川嶋あい「大切な約束」

川嶋あい「大切な約束」

人は、人と出逢うことで、
「愛される」ことを知り、
人は、人に愛されることで、
「失う」ことの怖さを知る。

長い道のり。
何度も出合う苦難・苦労・失望・絶望。

人は生きることで
「生きる」ことの意味を探り、
人は生きることで、
「生きる」ことの大切さを感じていく。

大切なものは、
失って初めて「大切」と気づくように…。

大事なものを、
失って初めて現実を知らされる人も居る。

その時に、
後ろを向いてしまう…か、
現実から逃げてしまう…か、
否定ばかりして弱さを晒してしまう…か。

あなたはどれを選ぶだろう…?

人は弱い生き物。
「強い」と思ってる人ほど、
普段、強がってる人ほど、
いざと言う時には情けない姿を晒すもの。

本当に強い人は、
普段の姿に「強さ」を感じさせない。

ここぞ…という時にだけ、強くなる。
まるで“スーパーサイヤ人”のように…ネ。

川嶋あい。

果たせなかった約束を、
果たしたい時に果たせなかった人。

でも、
遅れてしまっても、約束を果たした人。

そんな彼女の「大切な約束」は、
彼女たちにとっての「最後の約束」。

逆境で“何か”を得て、
乗り越えてきた彼女は“強さ”を見つける。

そんな彼女の「最後の約束」は、
やっぱり「大切な約束」・・でしかない。

そんな彼女の強さに、
憧れる人もきっと居る、どこかに…。

       ☆

「大切な約束」

川嶋あいらしいメロディ。
川嶋あいらしい歌詞。

でも…
今までと何かが違う、
新しく生まれ変わった川嶋あいが、
小さな命にそっと息を吹き込む、
聴いてるだけで何かを伝えられる、
リスナーの人に、何かを届けてくれる歌。

あなたは、
本当に大切なものを失ったこと、
ありますか?

Ryuichi


#「大切な約束」でも聴きながら…
#「大切な約束」を聴きながら…(PW版)

川嶋あい | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0)

川嶋あい「路上集1号」#12

『路上集1号』
川嶋あい「路上集1号」

#12. 「旅立ちの日に…(Instrumental)」

後に、
I WiSHのデビュー曲、
「明日への扉」に使われた楽曲。

残念ながら、
「路上集1号」ではInstrumental。
歌詞が乗ることはなかった。。

メロディは「明日への扉」そのもの。
原曲にはどんな歌詞が乗り、
どんな風にうたわれていたのだろう。

残念な気持ちと、気になる思いと…。

今回のアルバムは、
10曲をリメイクの準オリジナル。
ですが、
彼女の良さは十分表現されてます。

ただ辛口に評価するなら、
最後の「旅立ちの日に…」を何故、
Instrumentalにしたのか?

契約上の問題?
・・とは考え難い。

この曲の価値を考え、
価値を増すために少し引っ張るつもり?
・・だとしたら非情に残念。

もう少し引っ張り、
次のアルバムにも価値を…
なんて目論みがあるとしたら、
事務所側の識見を疑ってしまう。

ファンを無視してるのだから。

川嶋あい嬢の人間性は素晴らしく、
その楽曲も素晴らしいと思う。

だからこそファンを大切にしてほしい。

今回の措置、
彼女の意志とは思い難い。

もし事務所に営利的な目論みがあるなら
残念としか言いようがなく、
自らの手でアーティストの価値を、
落としてしまってる。

今回のことばかりではないが、
事務所側の対応には疑念を無視できない
多少なりとも憤慨してしまう。

それだけが残念に思います。

(Fin...)

by Ryuichi

川嶋あい | 06:28 | comments(0) | trackbacks(0)

川嶋あい「路上集1号」#11

『路上集1号』
川嶋あい「路上集1号」

#11. 「もっと!
  - 花王8×4 ’05春編CFソング -」

この曲は聴き覚えがあるのでは?
特に女性にはあると思います。


『もっとドキドキしたい
 ずっと予感してたよ
 緑の風が舞う空の下で

 もっとそばにいきたい
 ずっと一緒にいたい
 あなたと同じ笑顔で駆け抜ける
 今勇気出してみる』


花王8×4の「春」編で3月にOA。
曲名を知りたくても当時、
まったく情報がなかったこの曲。

ついにCDに登場です。


『もっとキラキラしたい
 ずっと夢に見てたよ
 砂浜に焦がした足跡2つ』


…純愛です。

(It lasts to tomorrow.)

by Ryuichi

川嶋あい | 06:26 | comments(2) | trackbacks(0)